| 1 | 2 | 3 | 4 |

◆ 創業時の大ドンデン返し ◇

サブプライムローンに端を発した世界同時不況が、いよいよ不動産市況にも影響が出始めた2008年。不動産相場が大幅下落。土地を購入して再販する業種は軒並み壊滅的な状況に陥り、退職せざる得ない状況になりました。
そんな中、「3人で創業しませんか?」とお声掛けくださった方がいて、話に乗ったのが事の発端でした。

下準備を任され、事務所も見つかり、会社設立に取り掛かった頃。突然、発起人と連絡が取れなくなったのです。勤め先に出向いても居留守を使われ、音信不通。やっと話ができる場面が訪れたのですが、「こんな大不況の中、会社を立ち上げるなんて馬鹿らしいですよ。無かったことにしてください。」
 
そんな馬鹿な!
 
借りた事務所はどうしよう。契約した事務所はお世話になっている方のご縁で借りることになったので、今さら解約できません。すでに会社も退社してましたし、やり場のない怒りをどこにぶつければよいのか。現実、もう後戻りはできません。
ボォーとする毎日が続き、あるとき、独立しようと思ったのはなぜなのか、頭をよぎりました。スタートもしてないのに、人のせいにしているようでは経営など到底無理。この状況を乗り切ることこそ、自分が進むべき道に違いない。そう言い聞かせて、中断していた創業の準備を再開。開業資金をかき集め、宅地建物取引主任者の資格取得など、山積みの試練を乗り越え、2009年1月 立会川に無事出店することができました。
 
設立当初に思い描いたこと、それは現在の企業理念につながっています。「皆様とのご縁を大切に育み、30年後も事業を継続していること」「より多くの関係各位と仕事を楽しみながら絆を深めていくこと」実現に向けて日々邁進中です。